自分や家族に合ったボディソープとは

ボディソープは種類が多くてどれを買ったらよいのか悩みますよね。

汗をよくかく男性は、体臭や汗の臭いが気にならなくなるものが理想的です。女性は、リラックスできる匂いがするものを選ぶことで、ゆったりとバスタイムを楽しむことができる上に、疲れを取ることができます。

1歳や2歳の小さい子供がいるご家庭では、なるべく子供にも安心して使える無添加のボディソープを選ぶのがおすすめです。乾燥肌の人は、保湿をしっかりとしてくれるボディーソープが良いでしょう。

年齢や性別、肌質などで選ぶボディソープは変わってきます。自分に、そして家族に合ったボディソープを選んでください。今回は、ボディソープの選び方や市販されているおすすめのボディソープなどをご紹介します。

くま子

自分に合ったボディソープの選び方が知りたいです。

どんなボディソープを選べばよいかをご紹介します。

くま子

ボディソープの有名メーカー・ブランド

ユニリーバジャパン ロクシタン ボタニスト ドクターブロナー 牛乳石鹸共進株式会社
長年愛されている有名メーカー 植物由来の香りが上品 身体に優しく人気が高い アメリカでも人気 老若男女が使える老舗メーカー

ユニリーバジャパンは、ドラックストアなどでよく目にする、昔からある馴染みの商品であるダヴを製造しているメーカーです。有名メーカーで、長年愛されてきた商品であり、安心感があります。さらに、価格もお手頃です。

ロクシタンは、スキンケアの商品を多く販売している有名メーカーです。植物由来のとても上品な香りがするボディソープです。女性に人気があり、植物由来の香りにアロマ効果があるので、お風呂に入ってゆっくり疲れを取りたい方やバスタイムを楽しみたい方におすすめです。

ボタニストは、植物由来の成分が入った身体に優しい商品をつくっているメーカーです。身体に優しいけれど、洗い上がりがさっぱりしているので人気があります。乾燥を防いでくれるので敏感肌の方におすすめです。

ドクターブロナーは、アメリカでも人気のマジックソープを作っているメーカーです。オーガニックオイルから作られており身体に優しい商品です。1本で髪と顔、身体とオールインワンで使えるのも人気の理由です。ドラックストアでも見かけますが、コストコへ行けば安く手に入るのでチェックしてみてください。

牛乳石鹸共進株式会社は、石鹸でも有名な老舗ブランドです。カウブランドの無添加ボディーソープは、添加物が入っておらず低刺激なボディーソープとして人気です。価格も低価格なので買いやすく継続して使えます。肌にやさしく、無香料なので妊娠中の妊婦でも安心して使えます。牛乳石鹸共進株式会社では、業者向けに量の多い業務用のボディソープも作っています。

くま子

どのメーカーのものを選ぼうか迷いますね。

特徴が違うので合ったものを選んでくさださい。

くま子

ボディーソープ市販のおすすめ人気ランキング10選

比較要素 1位 2位 3位 4位 5位 6位 7位 8位 9位 10位
商品画像 バウンシア ボディソープ ポンプ付 550mL マジックソープ ローズ 944ml ナイーブ 泡で出てくるボディソープ ジャンボ 500mL Dove ダヴ ボディウォッシュ センシティブマイルド ポンプ 500g BOTANIST ボタニカル ボディーソープ モイスト 490mL BATHTOLOGY 泡のボディケアウォッシュ ホワイトフローラルの香り 本体 450ml ロクシタン(L'OCCITANE) ウ゛ァーベナ シャワージェル 500ml(ボディ用洗浄料) ニベア クリームケアボディーウォッシュ フレンチローズポンプ 480ml KOSE ソフティモ ナチュサボン セレクト ホワイト ボディウォッシュ リッチモイスト キュレル ボディウォッシュ ポンプ 420ml(赤ちゃんにも使えます)
商品名 ボディソープ マジックソープ ローズ 泡で出てくるボディソープ ボディウォッシュ センシティブマイルド ボタニカル ボディーソープ モイスト 泡のボディケアウォッシュ ホワイトフローラルの香り ヴァーベナ シャワージェル クリームケアボディーウォッシュ フレンチローズ ソフティモ ナチュサボン セレクト ホワイト ボディウォッシュ ボディウォッシュ
価格 ¥930(税込) ¥2,694(税込) ¥445(税込) ¥459(税込) ¥1,041 (税込) ¥1,090 (税込) ¥4,860(税込) ¥421(税込) ¥634(税込) ¥1,080 (税込)
メーカー・ブランド バウンシア ドクターブロナー ナイーブ Dove BOTANIST BATHTOLOGY L’OCCITANE ニベア KOSE キュレル
総合評価 5.0 4.5 4.0 4.0 4.0 4.0 4.0 3.5 3.5 3.5
商品の特徴 ホイップクリームのような濃密で弾力のある泡 オイルは100%天然のさらにオーガニック物を使用 自然でやさしいフルーティフローラルの香り やわらかでキメ細やかな泡で敏感肌もやさしく洗う低刺激 潤いを与えながらすべすべとした柔らかなお肌に洗い上げる きめ細かく弾力のある贅沢な泡でリッチな洗い心地 植物由来の洗浄成分でやさしくお肌を洗いあげる 素肌のうるおいをまもりながらやさしく洗い上げる ボタニカルの恵みを凝縮した泡でしっとり洗い上げる 泡立ちもよくきめ細やかな泡肌にやさしい低刺激性

ボディソープで人気があるのは、濃密な泡で優しく洗い上げられるものです。その中でも肌に優しい低刺激の物、肌を保湿するなどのケアするための成分が入っているものが人気があります。

洗った後でもすべすべの肌にしつつ、保湿のために必要な皮脂を洗いすぎないような丁度良い洗浄力のものを選ぶのもポイントです。洗い心地が良く、自分の肌に合うものをぜひ見つけてくださいね。

くま子

ボディーソープは今では様々な種類がありますものね。

種類も豊富だからこそ、ぜひ選ぶポイントを押さえて自分に一番良いものを見つけてください。

くま子


牛乳石鹸共進社 バウンシア ボディソープ

created by Rinker
¥518 (2020/05/28 10:09:13時点 楽天市場調べ-詳細)

みんなの評価

洗浄力が適度なもの
香りが良い
手に取りやすい価格
保湿成分が配合されている
刺激成分が少ない
オールインワンタイプの製品
牛乳石鹸同様の優しいながらもリッチな泡立ち

  • 肌にとても優しい洗い心地が特徴
  • 通常の石鹸やボディーソープでは味わうことのない濃密な泡でを体験できる
  • もっちりとした使い心地の良い泡は、肌を擦ることなく洗うことができる
  • 癒しを感じられる二つのタイプの香りで入浴時間をリラックスできる

みんなの口コミ

30代主婦
4.00
20代OL
2.50

くま子

濃密な泡と癒される香りでお風呂が楽しみになりますね。

リラックスするならお風呂が一番、という人にはぜひ選んでほしいです!

くま子


ドクターブロナー マジックソープローズ


みんなの評価

洗浄力が適度なもの
香りが良い
手に取りやすい価格
保湿成分が配合されている
刺激成分が少ない
オールインワンタイプの製品
豊かな香りとともに広い範囲を洗える

  • 豊かなローズの香りで洗うことができるボディーソープ
  • メイクを落とすことも可能な洗浄力
  • 顔から体にかけてという広い範囲を豊かな香りで洗うことができる

みんなの口コミ

30代主婦
4.00
20代OL
1.50

くま子

ローズの香りが好きな人はうれしいですね!範囲も広くて便利に洗えます。

顔から体まで一気に洗える手間のなさもいいですね!

くま子


泡で出てくるボディソープ

created by Rinker
¥487 (2020/05/28 02:43:01時点 楽天市場調べ-詳細)

みんなの評価

洗浄力が適度なもの
香りが良い
手に取りやすい価格
保湿成分が配合されている
刺激成分が少ない
オールインワンタイプの製品

ロングセラーの安定の使いやすさ

  • 長く販売しているブランドであるからこその、安定した使いやすさ
  • 植物性の成分で洗い上げるため、肌に対しても優しく刺激を感じにくい
  • 家族全員が使いやすいオーガニック成分だけでなく、肌に潤いをもたらす桃の葉エキスも配合
  • 家族全員で問題なく使えるものを選びたい人におすすめ

みんなの口コミ


30代主婦
4.00

20代OL
2.50

くま子

やっぱり有名どころは安心感があっていいですね。

使っても問題ないと実感しやすいのはうれしいです。

くま子


ボディウォッシュ センシティブマイルド

みんなの評価

洗浄力が適度なもの
香りが良い
手に取りやすい価格
保湿成分が配合されている
刺激成分が少ない
オールインワンタイプの製品
生クリームのような濃密な泡で洗い上げる

  • ダヴ独特の濃密な泡が特徴
  • 生クリームのようなきめ細かな泡が、デリケートな肌も問題なく洗える
  • 香りも強くなく、泡で出てくるタイプの製品なので洗いやすい
  • 濃密で刺激の少ない泡で綺麗に洗いたい人におすすめ

みんなの口コミ

20代主婦
5.00
30代OL
2.50

くま子

濃密な泡という文字は良く見ますが、生クリームのようなものは初めてです!

肌に乗せると滑らかに伸びて気持ち良く洗えますよ。

くま子


ボタニカル ボディーソープ モイスト

みんなの評価

洗浄力が適度なもの
香りが良い
手に取りやすい価格
保湿成分が配合されている
刺激成分が少ない
オールインワンタイプの製品
何気なく洗う肌をいたわるボディーソープ

  • 紫外線からのダメージを保湿でケアしつつ洗うことができる
  • 程良く香ってくるリラックスできるようなそれぞれ違う香りも楽しめる
  • 自分が好きな香りを選んでバスタイムを楽しめる

みんなの口コミ

30代会社員
4.00
20代OL
1.50

くま子

ボタニストはほかにもシャンプーなどが有名なので、シリーズで揃える人もいますね。

なるべく同じ香りで揃えるようにするといい香りで仕上がりますよ。

くま子


泡のボディケアウォッシュ ホワイトフローラルの香り

BATHTOLOGY 泡のボディケアウォッシュ ホワイトフローラルの香り 本体 450ml
BATHTOLOGY(バストロジー)

みんなの評価

洗浄力が適度なもの
香りが良い
手に取りやすい価格
保湿成分が配合されている
刺激成分が少ない
オールインワンタイプの製品
保湿クリーム成分でしっとり仕上げる

  • 肌に優しい低刺激の成分を主に使用し、保湿成分には保湿クリームと同じものを配合
  • 洗い上りはしっとりと、けれども優しい洗い心地で体を綺麗にすることが可能
  • 保湿成分がオイル系統であるとぬめりを感じて使いたくない人におすすめ

みんなの口コミ

30代主婦
4.00
20代OL
1.50

くま子

もっちりとしつつ、量もたくさん作れる泡は体を丁寧に洗う時にも役立ちますね。

香りも良く、誰でも使いやすいのが助かりますよ。

くま子


ヴァーベナ シャワージェル

みんなの評価

洗浄力が適度なもの
香りが良い
手に取りやすい価格
保湿成分が配合されている
刺激成分が少ない
オールインワンタイプの製品
爽やかな柑橘の香りでリフレッシュ

  • さっぱりとした洗い上りと柑橘系の爽やかな香りが特徴
  • 香りと相まって非常に爽やかな風呂上りになる
  • 暑い日や汗を大量に掻いた日、さっぱりとしたい日にはうってつけのシャワージェル

みんなの口コミ

30代主婦
4.00
20代大学生
1.50

くま子

すっきりさっぱり洗い上げつつ、肌にも優しいのがうれしいですね。

ロクシタンはほかのスキンケア製品なども有名ですので、一緒に購入すると刺激を受けにくくなりますよ。

くま子


クリームケアボディーウォッシュ フレンチローズ

created by Rinker
ニベア
¥584 (2020/05/28 00:31:15時点 Amazon調べ-詳細)

みんなの評価

洗浄力が適度なもの
香りが良い
手に取りやすい価格
保湿成分が配合されている
刺激成分が少ない
オールインワンタイプの製品
ニベアの成分で洗い上げる

  • ニベアの保湿成分が配合されているため、肌を保湿しながら洗い上げることが可能
  • 上品そうなフレンチローズの香でリラックスしながら肌の保湿もできる
  • 特にニベアの保湿ケア製品を使っているのであればより相性が良い

みんなの口コミ

20代OL
4.00
20代OL
1.50

くま子

ローズの香りが心地いいですよ!

泡もしっかり泡立ちますから気持ちよく洗えますね。

くま子

ソフティモ ナチュサボン セレクト ホワイト ボディウォッシュ

みんなの評価

洗浄力が適度なもの
香りが良い
手に取りやすい価格
保湿成分が配合されている
刺激成分が少ない
オールインワンタイプの製品

しっとりとした肌へ爽やかに洗い上げる

  • 滑らかに肌を洗い上げることができる
  • もっちり泡で肌を洗い上げるので、しっとりとした肌に
  • アップル&ジャスミンの爽やかながらも落ち着いた香りでリラックスできる
  • 肌の汚れだけでなくくすみも洗い落として綺麗な白い肌にも整えられる

みんなの口コミ

30代主婦
4.00
20代会社員
2.50

くま子

雑誌などで見かけるだけあって、洗い心地はとても良いです!

バランスの取れた丁度良いと感じやすい洗い上りですよ。

くま子


ボディウォッシュ

キュレル 泡ボディウォッシュ ポンプ 480ml(赤ちゃんにも使えます)
キュレル

みんなの評価

洗浄力が適度なもの
香りが良い
手に取りやすい価格
保湿成分が配合されている
刺激成分が少ない
オールインワンタイプの製品
赤ちゃんにもトラブル肌にも安心

  • 無香料かつ刺激の少ない成分配合なので赤ちゃんでも使用可能
  • なるべく肌に刺激を与えたくないときや、優しく洗い上げるのにおすすめ

みんなの口コミ

30代主婦
4.00
20代OL
1.50

くま子

安心安全を選ぶならよく候補に入る製品ですね。

肌の状態に合わせて使うもよし、赤ちゃんと一緒に使ってもいいですよ。

くま子

ボディソープのメリット・デメリット

メリット
  • 洗浄力が高い
  • 泡立ちが良い
  • 衛生面が優秀
メリット
  • 添加物が配合されている
  • 洗い過ぎる

 

ボディソープのメリットはその洗浄力の高さです。皮脂汚れをきれいに落として、さっぱりとした洗い心地を感じることができます。

さらに、石けんに比べると泡立ちも良く、簡単に泡立てることができます。さっと洗え、手間がかからないので、お風呂に長時間入るのがあまり好きではない人にもおすすめです。

しかし、洗浄力や泡立ちを良くするために添加物が配合されているため、肌の弱い人や子供が使うと肌荒れになる可能性があります。

どんなものが自分や家族に合っているのか考えて選んでください。

ボディソープのメリット

洗浄力が高い

ボディソープは、洗浄力が高いです。

人にもよりますが、お風呂に入って、身体を洗った後はさっぱりしますよね。1日の汚れが全て落ちて、気持の良い気分になります。洗浄力が高いもので洗えば、身体を洗った後のすっきり感を、より感じることができます。

ボディソープは石鹸よりも洗浄力が高いです。ボディソープの方が、洗浄力を高くする成分が入っているからです。ボディソープには弱酸性と弱アリカリ性のものがあり、弱アリカリ性はさらに洗浄力が高いものになっています。洗った後の爽快感を味わいたい方は、ぜひ弱アリカリ性のものを選んでみてください。

背中ニキビで市販のボディソープを使いながら悩んでいる方もいるのではないでしょうか。背中は皮脂が多いので、洗浄力の高いボディソープを使ってみてください。

肌への刺激が強すぎることがあるので、使った後は肌荒れなどに気を付けてください。

くま子

身体のべたつきがすっきり落ちたときは、とても気持ちいいですよね。

そうですね!男性は特に洗浄力が強いものがおすすめです。

くま子

泡立ちが良い

ボディソープは石鹸などに比べて泡立ちが良いです。

身体を洗うときに一番に気になるのは、泡立ちの良さです。身体を洗うときに、よりきめの細かい泡で洗うことによって、肌を傷つけずに、より深くまで洗うことができます。

泡立ちが良ければ、泡を立てる時間も少なくてすむので、時間の短縮にもつながります。忙しいときや冬は特に、お風呂でゆっくり浸かる時間を長く取ることができます。

液状のボディソープだと、ワンプッシュで出すことができ、泡立てネットやボディタオルを使えば、泡立ちやすいので時間をかけずに細かい泡で洗うことができます。

さらに、泡状のボディソープを使えば、泡立てることもなく、そのまま使うことができます。そして、子どもやお年寄りなどでも簡単に使うことができます。

くま子

ふわふわの泡が簡単に作れるとうれしくなっちゃいます。

そうですね。時間短縮にまでつながるなんてお得ですよね。

くま子

衛生面が優秀

ボディソープは、衛生面が優れています。石鹸とボディソープを衛生面で比べると、ボディソープの方が優れています。

ボディソープの方が優れているのは、プラスチックの容器に入っているからです。石鹸は、個体のまま浴室に置かれていることが多いです。そのため、使った後も浴室にそのまま置いておくと、水分が付いた状態が続き細菌が増えたり、雑菌を含むことにつながります。また、使うときに手の垢などが石鹸に付着する可能性もあります。

ボディソープは、プラスチックの容器に入っているので石鹸より安心ですが、容器の口の部分などが汚れていると衛生的によくありません。汚れが気になったときや詰め替えをするときなどは掃除するようにしましょう。

くま子

お風呂場はすぐ水垢がたまるので衛生面が気になります。

そうですよね。毎日使うものなので衛生面も気にかけましょう。

くま子

ボディソープのデメリット

添加物が配合されている

ボディソープは、添加物が含まれています

ボディソープは泡立ちやすくしたり、洗浄力を高めるために合成界面活性剤という化学成分を使っています。合成界面活性剤は、水と油を混ぜ合わせて、汚れを落とすための成分を化学合成したものです。

合成界面活性剤と呼ばれるものの全てが身体に悪い影響を及ぼすわけではありません。しかし、合成界面活性剤の中には、身体に悪影響を及ぼすと国から指定を受けたものもあります。そのため、

ボディソープを買うときには成分表示をよく確認する必要があります。

また、合成界面活性剤の他にも、香料や防腐剤などの添加物が含まれているボディソープがあります。特に肌の弱い人は肌荒れにつながるので気を付けましょう。

くま子

合成界面活性剤は気をつけなければならないですね。

あまり気にしたことがないかもしれませんが、成分表示を確認してみましょう。

くま子

洗い過ぎる

ボディソープは、洗い過ぎてしまいます。ボディソープだと、使う量が多すぎるため、洗い過ぎてしまいます。

石鹸を使う場合は、泡立ちをみながら使う量の調整ができます。しかし、ボディソープだと泡立てる前に出してしまうので、人によっては使い過ぎてしまいます。

ボディソープを使う量が多いと、身体に必要な皮脂まで洗い流してしまいます。そして、皮脂を洗い過ぎてしまうと、肌が乾燥してしまいます。そして、肌荒れにもつながります。

たくさんの泡で洗う方が、汚れがよく落ちるような気がして、ボディソープを使う量が多くなりがちです。また、たくさんの泡で洗う方が、洗っているときも泡がふわふわして気持ちいいです。

ボディソープを使うときは、洗い過ぎていないか量に気を付けるようにしましょう。

くま子

強く押し過ぎて、出し過ぎてしまうことよくあります。

余分な量を出し過ぎないように注意しましょう。

くま子

ボディソープの選び方・基準


ユーザーが選んだボディソープの選び方

  • 香りで選ぶ
  • 洗浄力で選ぶ
  • 保湿成分が入ったものを選ぶ
  • 価格で選ぶ
  • オールインワンタイプを選ぶ
  • 添加物が入っていないものを選ぶ

ボディソープを選ぶときに、重要なのが洗浄力です。

一日の皮脂汚れなどをしっかり落とし、すっきりするためには洗浄力がとても大切です。しかし、必要な皮脂まで洗い流してしまうことがあります。そうならないために、乾燥対策として、保湿成分が入っているかどうかも確認する必要があります。特に、女性は乾燥肌の人が多いので気を付けなくてはなりません。

自分好みの香りかどうかも気になるところです。香りが良いとバスタイムをより楽しむことができます。

毎日使うものなので、価格や手間がかからず使えるかどうかも重要ですよね。

人の好みや体質など、様々な要因で選ぶ基準が変わってきます。自分や家族に合ったボディソープを選んでみてください。

香りで選ぶ

ボディソープを選ぶ上で重要とすべきことは香りです。

ボディソープには、さまざまな香りの商品があります。
ラベンダーやローズなどのフローラルな香りやオレンジやグレープフルーツなどの果物の香りなどが一般的ですが、人によって好きな香りは違いますよね。

自分の好みの香りで身体を洗うことにより、リラックス効果を得ることもできます。香りのある商品で身体を洗うことにより、嫌な臭いのする皮脂汚れを落とし、さらに1日の疲れを癒しましょう。

香りによって洗い上がりも変わってくるので自分に合ったものを選びましょう。

グリーンやシトラス系のすっきりした香りのボディソープは、洗い上がりに爽快感があるため、男性におすすめです。ローズなどのフローラル系のやさしい香りのボディソープは、洗い上がりがしっとりしアロマ効果もあるため女性におすすめです。

しかし、香水のように香りが強いと感じるものは避けましょう。肌に刺激をもたらす香料がたくさん含まれている可能性があります。

洗浄力で選ぶ

ボディソープを選ぶ上で気を付けてもらいたい点は、洗浄力です。夏や緊張したときなどに汗をかいて臭いが気になることありますよね。周りの人に臭っていないか不安になりますよね。

ボディソープで大切なのは、やはり汗や皮脂汚れなどがしっかり落とせることです。汗や皮脂汚れがしっかり落とせていないと、臭いにつながります。

また、洗浄力が高いと、洗い終わった後、すっきりした洗い心地を感じることができます。より強い爽快感を感じたい人は、洗浄力の強いものを選んでください。

ただし、あまりに刺激が強いものを選んでしまうと、肌荒れなどを起こす場合があります。新しいボディソープを使い始めるときは、洗った後の自分の肌をよく気にかけましょう。

保湿成分が入ったものを選ぶ

ボディソープは、保湿成分が含まれているものを選んでください

ボディソープの中には、洗浄力を高めるため必要な皮脂まで洗い流してしまうものがあります。必要な皮脂が洗い流されてしまい乾燥すると、余分な皮脂が過剰に分泌されることにつながります。

乾燥肌や敏感肌の方が、洗浄力の強いボディソープを使うと、肌に負担がかかり、肌荒れなどの肌トラブルを起こします。

小さな子供やお年寄りも肌が弱いので保湿成分が含まれているものを選ぶようにしましょう。

保湿成分が含まれたボディソープを使うことで、潤いを保った肌を持続させましょう。冬の乾燥する時期だけ保湿成分が入ったものを使うのも良いでしょう。

ココナッツオイルなどが配合されたボディソープは保湿力が高い上に、殺菌力で炎症を抑えるのでチェックしてみてください。

価格で選ぶ

ボディソープの選び方で重視したいのは、価格です。

ボディソープは種類がたくさんあり、価格も低価格なものから高価格なものまで、いろいろなものがあります。つくっているメーカーや、含まれている成分などでも価格が変わってきます。ボディソープは毎日使うものなので、ついつい低価格なものを選びがちです。

しかし、低価格なものは肌に悪影響な成分が含まれていることや、質が悪い可能性があります。また、消臭成分や殺菌成分などが含まれたものは、その分価格が高くなります。

そのため、予算をあらかじめ決めておいて、その範囲内で買えるものを選ぶようにしましょう。自分に合ったものを予算の範囲内で選ぶことによって、そのボディソープを継続して使うことができます。

オールインワンタイプを選ぶ

オールインワンタイプかどうかもボディソープを選ぶときの基準にしてみてください。

オールインワンタイプとは、ボディソープ1本で髪も顔も身体も洗えるタイプのボディソープのことです。1本で全身に使えるのでとても便利です。1本ですべて洗うことができるので、時間の短縮につながります。

また、浴室もシャンプーやコンディショナーなど何本も置かなくてすむのでスペースを広く使うことができます。

さらに、ボディソープは洗浄力が強いので、頭皮の皮脂汚れなどをすっきり洗い流すことができます。オールインワンタイプは、汗をかきやすく皮脂汚れが気になる方にぴったりなソープです。お風呂に入り、全身を洗うときに何本も使うのが面倒だと感じている方は一度検討してみてはいかがでしょうか。

添加物が入っていないものを選ぶ

ボディソープを選ぶときは、添加物の入っていないものを選びましょう。

ボディソープは、洗浄力を高めたり泡立ちを良くするために添加物が入っています。

添加物の中でも合成界面活性剤には特に気を付けましょう。合成界面活性剤は、通常なら混ざり合わない水と油を混ぜ合わせるための化学成分です。合成界面活性剤の中には肌トラブルを引き起こす物質が含まれているものもあります。

敏感肌の方や肌が弱い小さい子供、お年寄りがいる家庭では、合成界面活性剤が入ったものを選ばないようにしましょう。

アトピー肌で市販のボディソープが合わない方も低刺激の無添加ボディソープを使ってみてください。

また、他にも香料や防腐剤などの添加物が含まれたものもあります。香りが強すぎるものは選ばないようにしましょう。

そして、ボディソープを選ぶときは、成分表示をよく確認して選ぶようにしましょう。

くま子

選び方がいろいろとありますね。

自分や家族の身体のことなど考えながら、合ったものを選びましょう。

くま子

ボディソープに関するよくある質問を編集部が解説!

Q1.メンズボディソープを女性や子供が使っても大丈夫ですか?

メンズ用として市販されているボディソープは、女性が使っても基本的に問題ありません。

しかし、皮脂汚れを落とす成分が入っているものが多いため、皮脂汚れを落とし過ぎて乾燥する恐れがあります。乾燥肌の人は使わない方が安全です。成分が男性向けなので、人によって個人差もあります。使ってみて違和感を感じるようであれば使わないようにしましょう。

子供は肌が弱く乾燥肌になりやすいいため使うのを避けましょう。

くま子

メンズボディソープは男性専用なので家族で一緒に使うのはやめた方がいいですね。

そうですね。肌荒れするといけないので家族で別々のものを使うのがおすすめです。

くま子

Q2.ボディソープに使用期限はありますか?

容器に使用期限の記載がなければ、未開封のボディソープは約3年もちます。

ただし、直射日光のあたらない場所に保存するなど適切に保存されたものに限ります。

開封されたものは約1年ほどもちます。

しかし、開封されたときから劣化が始まるので、なるべく早めに使い切るようにしましょう。

季節ごとにボディソープを使い分けている方はワンシーズンで使い切るようにしてください。

くま子

3年ももつなら買い置きしても問題ないですね。

ボディソープもパッケージや成分が新しくなるので、最新のものを買うのも良いですよ。

くま子

Q3.実際に使った人の意見が聞きたいです

インターネットの口コミサイトを参考にしましょう。実際に商品を使った人の意見を知ることができます。

乾燥肌や敏感肌、背中ニキビや汗っかきなど人によって悩みが違うので同じ悩みを持つ人の意見も聞くことができます。

複数の商品で迷っているときは口コミを参考にして、自分に合ったものを選びましょう。

口コミの中には偏った意見もあるので一意見として参考にしてください。

くま子

口コミサイトを見て比較してから購入するのがベストですね!

自分とはまた違った意見が聞けるのが良いですね。

くま子

Q4.赤ちゃんに大人と同じボディソープを使っても大丈夫ですか。

生まれたばかりの新生児には、大人と同じボディソープを使うのは避けましょう

赤ちゃんの肌はつるつるしていてもちもちの気持ちいい肌です。しかし、その反面肌に皮脂が少なくとてもデリケートです。そのため、大人と同じボディソープを使うと乾燥し肌トラブルを引き起こします。

無添加で肌への刺激が少ないベビー用のボディソープを使うようにしましょう。

くま子

赤ちゃんにはベビー用を別に買って使った方が良いですね。

ベビー用は無添加で大人の肌にも優しいので家族で使ってみてください。

くま子

自分や家族に合ったボディソープを選ぼう!

ボディソープは毎日使うものです。汚れが落ちてさっぱりすると、ゆったりして気持ちよくなりますよね。

香りが付いたボディソープを使えば、リラックス効果が高まりバスタイムがさらに充実します。

女性なら自分の好きな香りや保湿成分が入ったボディソープを選び、男性は皮脂汚れをしっかり落としてくれる洗浄力の高いボディソープを選びましょう。

冬は肌も乾燥するので、保湿成分が入ったものを使うなど季節ごとにボディソープを変えるのも良いです。ただし、ボディソープも劣化するので1年以内に使い切ってください。

家族で同じものを使われている方は、肌の弱い子供に合わせたものを選ぶのがおすすめです。

自分や家族に合ったボディソープを選び、バスタイムを楽しんでください。

くま子

自分や家族に合ったボディソープを検討します。

ボディソープを変えて、充実したバスタイムを過ごしてください。

くま子

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *