ページの上部へ

ENGLISH

みどころ
HIGHLIGHT

もっとバラをたのしみたい Central Rose Park

「見る」「知る」「買う」「伝える」をテーマにバラ好きの心を満たしてくれる、見渡す限りバラ尽くしのローズパーク。小道を散策するように、バラに包まれる贅沢な時間をお過ごしください。

Central Rose Park

人気のロザリアン

河合伸志さん

河合伸志さん

Takashi Kawai

育種家で植栽デザイナー・ガーデナー、バラの研究家も兼ねるローズガーデンアーティスト。「横浜イングリッシュガーデン」スーパーバイザー。和の価値観に基づき藤色や茶色などの品種を中心に作出し発表している。

大野耕生さん

大野耕生さん

Kosho Ohno

バラを取り入れたライフスタイルを提唱するローズスタイリスト。ローズガーデンのデザインや植栽を手がける傍ら、分かりやすい栽培法やバラの魅力を伝える講演活動を全国各地で展開中。

河本純子さん

河本純子さん

Junko Kawamoto

育種家。日本有数のバラ育種・苗 生産会社「河本バラ園」代表。河本氏の感性で作られた女性らしいやわらかな雰囲気を持つオリジナル品種を数多く発表し、愛好家の心を捉え続けている。

小山内健さん

小山内健さん

Ken Osanai

ローズソムリエ(バラ鑑定士)。京阪園芸に所属し、バラの栽培や品種の鑑定に携わるバラのスペシャリスト。おもしろくて分かりやすいセミナーや講演会、TV出演、執筆など多方面で活躍中。

ドミニク・マサド

ドミニク・マサドさん

Dominique Massad

リヨンのバラ育種の名門・ギヨー一族の子孫の一人。かつてギヨー社で育種を行っていたが、近年独立し作品を世界に紹介。日本では2012年にKIZUNA(絆)を発表。花色多様な品種を作出し続けている。

木村卓功さん

木村卓功さん

Takunori Kimura

日本最大のバラ専門店「バラの家」を経営する傍ら新品種を生み出しているローズクリエイター。自らのブランド「ロサオリエンティス」シリーズは、日本で良く育つバラとして定評がある。

村上敏さん

村上敏さん

Satoshi Murakami

「京成バラ園 」ヘッドガーデナー 。バラに関する豊富な知識と経験を生かし、愛好家に手軽な栽培法を広めるほか、バラと草花を混植した庭のデザインも実践・研究 。 TVや雑誌に多数出演中。

後藤みどりさん

後藤みどりさん

Midori Komatsu

バラのある暮らしをトータルに提案するバラ苗専門店「ロサヴェール」代表。自らが魅せられたオールドローズの数々をはじめ、自社作出品種や個人育種家の作出品種などを販売している。

アルノー・デルバールさん

アルノー・デルバールさん

Arnoud Delbard

フランス中部マリコーンにあるバラと果樹の育種・生産企業「デルバール社」代表。花型・花色ともに華やかで香り高く四季咲き性に優れるフレンチローズを2006年 に日本初紹介以来、愛好家に広く親しまれている。

ロブ・シャープルズさん

ロブ・シャープルズさん

Rob Sharples

イングリッシュローズを育種・生産する英国のバラ専門園芸会社「デビッド・オースチン・ロージズ」日本支社ゼネラルマネージャー。ガーデンローズの魅力を広めつつ国内向けに販売を行う。

New Rose 世界のニューローズ Best10

New Rose 世界のニューローズ Best10

バラの専門誌『New Roses』編集長の玉置一裕さんが国内外の主要なナーセリーの新品種を紹介するこの企画。2017秋~2018春の最新品種のなかから特徴的なバラ10品種に加え、個性的な品種もあわせて教えていただきました。

きらめく黄色の花弁

恋きららKoikirara

(京成バラ園芸)

淡黄の花は、先が尖った丸い花弁のカップ咲き。花つきが良いフロリバンダ。微~中香。枝にはトゲが少ない。樹は高さ0.7~1.0mとコンパクトな半直立性。鉢植え向きの品種。

玉置一裕

玉置一裕さん

Kazuhiro Tamaoki

バラの専門誌『New Roses』編集長。「バラは育種家が自然を相手に創り上げた、クリエイティブな作品 」と捉えている。バラのプロデュースや全国で行われるバラ関 連のイベントのコーディネートも行っている。

阿部容子さん監修

心ときめくバラの庭

色合わせで描き分ける、2つのローズガーデン

日本と海外のバラをそれぞれ主役に、宿根草と組み合わせることで、日本の植生に合う2つの庭を提案します。「和・洋どちらのバラも姿形が個性豊かで、魅力あふれるものが増えてきています」と阿部さん。今回の見どころは、バラとあわせる植物の色が、庭の印象をがらりと変えるところ。イメージを自在に描き出す、色合わせの妙をぜひ見比べてみてください。

心ときめくバラの庭

黄金葉、斑入り葉、銅葉など、イエロー系の植物たちがバラを明るく照らします。絞りや濃淡のある花色が特徴の優美なバラをメインに揃え、茶系のシックな背景に映える、華やかな空間に仕上げました。

阿部容子さん

阿部容子さん

Yoko Abe

個人庭をはじめ、企業の庭園の設計施工、ガーデニングにまつわる講習会講師と幅広く活躍している。「かたくり工房」所属